StarwaveのDisney&Hotels Life

ディズニーとホテルライフが趣味の夫婦が綴る宿泊記

速報!一時休業を決定@上海ディズニーランドリゾート

中国を中心に感染拡大が懸念されている新型コロナウイルス

感染拡大予防を目的に上海ディズニーランド・リゾートが明日1月25日から臨時休業することが決定されました。

f:id:Starwave:20200124201032j:plain

公式HPより

春節の連休初日となる明日1月25日から上海ディズニーランドおよびディズニータウン、美女と野獣シアターが臨時休業となります。

現時点では再開日はアナウンスされていません。

この決定に伴い、予約済のパークチケット、ホテル予約、シアター予約については払い戻しの対応を行っているようです。

f:id:Starwave:20200124202410j:plain

トイストーリーホテル予約状況
f:id:Starwave:20200124202442j:plain
f:id:Starwave:20200124202430j:plain
ディズニーランドホテル予約状況

なお、2つの直営ホテルについてはおそらく「休業」はしない様子。

(払い戻しは対応しています。)

本来であれば春節真っ最中で1年で最も繁忙な時期と想像できますが、

現時点では両ホテルとも全部屋タイプで空室がある状況。

お値段も通常価格と相違ない範囲で販売されています。

 

武漢市は上海市とも比較的近い都市ですし、

上海ディズニーランド・リゾートの判断は迅速であり、評価すべきかと。

一日も早い事態の収束と運営再開を祈っています。

 

詳しい情報は随時公式HPにUpdateされるようなので近日中に渡航を予定されている方は最新情報のチェックをおすすめします。

ポルト・パラディーゾ・サイド ハーバービュー・スーペリアルーム(4名対応)@東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

秋の3連休にミラコスタの大人気カテゴリ、ハーバービューのお部屋に…!!

泊まることができました。

今回はそんなハーバービュー・スーペリアルームの宿泊レビューです!

目次

 

[ミラコスタ予約のコツ]

予約困難で有名なミラコスタのハーバービューを3連休にゲット!!

予約はオンライン予約開始時間と同時に、ポッチっと!

その宿泊予約方法のコツは、こちらをご覧ください!

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

チェックインはウェルカムセンターでできました!

ルームキーもこちらで受け取れました!

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

[ポルト・パラディーゾ・サイド ハーバービュー・スーペリアルーム(4名対応)]

今回は、大人4人の宿泊だったので、4名対応の部屋を予約しました。

f:id:Starwave:20191126221213j:image

ロビーからも、程近い3129号室。

ハーバービューと言っても、角度は様々なので…どんな景色だろうと、わくわくしながら入室!

f:id:Starwave:20191126221220j:image

部屋の中は、ヴェネツィア・サイドの客室と、あまり変わらず、重厚感のある素敵なお部屋でした。

f:id:Starwave:20191126221238j:image

f:id:Starwave:20191126221255j:image

レギュラーベッド2台のほかに、引き出して使えるトランドルベッドとソファベッドがありました。

f:id:Starwave:20191126221336j:image

コーヒーやお茶など。

f:id:Starwave:20191126221345j:image

歯ブラシは4人分ありましたが、ミラコスタ限定のアメニティの缶を含む「お風呂系アメニティ」は、1つしか置かれていませんでした。

電話で人数分追加をお願いすると、人数分の缶を持ってきてくれました!!

ありがとうございます!!

(後から知りましたが、基本1名分のアメニティしか置いてないようです。ナゼ

f:id:Starwave:20191126221511j:plain
f:id:Starwave:20191126221410j:plain
バス&パウダールーム

バスルームやパウダールームも、ヴェネツィア・サイドと同じでした。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

f:id:Starwave:20191126221302j:image

部屋から夜のショーを鑑賞するために、ソファベッドのベッドを一度片づけました。

大きなソファで十分くつろげます。 

[最高な景色!!]

なんと、このお部屋…

ホテルミラコスタのレストラン、地中海料理レストラン・オチェーアノの真上でした。

f:id:Starwave:20191205223712j:plain

写真左側、青白い壁のエリアの2Fオチェーアノテラスの直上

オチェーアノで食事をしている時にショーが始まると、レストランのテラスから、ショーを鑑賞することができ、何度か鑑賞したことがありますが、とてもよい場所で感激必至のロケーションです!

なので、このテラスの真上ということで、筆者的には超当たり!ラッキーな部屋でした!!

そして、3階ということで、前回テラスルームに泊まった時よりも、海が近かった!!

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

f:id:Starwave:20191126221716j:image

今回は、11月初旬の宿泊で、ハロウィンは終わり、クリスマスが始まる前だったので、期間限定の昼夜のショーはなし。

お部屋からは夜のショー、Fantasmic!を見ました。

f:id:Starwave:20191205150812j:plain

このファンタズミック!は2020年3月25日(水)をもって終了することが発表されており、この最高のロケーションから見納めする気持ちで、しっかり目に焼き付けてきました!

f:id:Starwave:20191205150920j:plain
こちらのお部屋は、窓を少し開けることができるため、音楽とともに十分楽しめます。

お部屋からゆっくりと鑑賞できるのは、ハーバービューならではの醍醐味ですね。

[ 閉園後・開園前のリハーサル!!]

そして…ラッキーなことに閉園中の早朝・深夜にクリスマスのリハーサルを見ることができました!!

これもハーバービュー宿泊の特権!とはいえ、毎日リハーサルしているわけでないのでテンションあがりました!!

f:id:Starwave:20191205150949j:plain

イッツ・クリスマスタイム!:リハーサル

f:id:Starwave:20191205224922j:plain

カラー・オブ・クリスマス:リハーサル

イッツ・クリスマスタイム!は午前7時ごろ~

カラー・オブ・クリスマスは午前0時ごろ~だったと思います。

どちらも今年で終了が発表されており、遠方から来ている筆者らとしてはもう生で見ることはないと思っていたので、

願ってもない、サプライズクリスマスプレゼントになりました!!

[総括]

部屋に帰っても、寝ても起きても、ディズニーの世界を思う存分楽しむことができるので、本当に夢のようなホテルです。

高級なホテルなのに予約が取れない意味がわかります…。

時間とお金があれば(笑)何度でも泊まりたくなるホテルですね。

 

 

東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターでできること!@東京ディズニー・リゾート(舞浜駅)

東京ディズニーリゾートの直営ホテル、周辺オフィシャルホテルに宿泊する方は、

舞浜駅に着いてまずここにくることもあると思います。それが、

東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」

今回はここでできることを記録していきます。

f:id:Starwave:20191113014800j:plain

イクスピアリの手前にあります

舞浜駅南口を出て左、イクスピアリリゾートゲートウェイ・ステーションへ向かうとすぐに見えてくるのが、東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターです。

主に直営ホテル・オフィシャルホテル宿泊者の手続きを行う場所です。

営業時間

7:30~17:00

(事前チェックイン、バゲッジデリバリーサービス、パークチケット販売16:00まで)

f:id:Starwave:20191113015445j:plain

2F:直営ホテルカウンター

先ほどのエントランス入ってすぐが「2階」になります。

直営ホテルであるランドホテル・ミラコスタ・アンバサダーの宿泊者について手続きができます。(セレブレーションはできません)

取扱内容は以下の通りです。

・事前チェックイン:ここでルームキー受け取れます(条件付き)
・バゲッジデリバリーサービス:お部屋まで無料で運んでくれます
・パークチケットの販売:入園保証付きも購入可能
・ディズニーリゾートライン乗車券のお渡し(ミラコスタ・ランドホテル宿泊ゲストのみ。)

f:id:Starwave:20191113015928j:plain

1F:オフィシャルホテルカウンター

1階はオフィシャルホテルのカウンターになっています。

やはり直営と比べて混んでいますね!(連休初日の午後12時頃です)

f:id:Starwave:20191113020055j:plain

空港のチェックインカウンターのよう

こちらのフロアに設置してあるカウンターは以下の通り

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート

東京ベイ舞浜ホテル

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

ヒルトン東京ベイ

ホテルオークラ東京ベイ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

・・・リゾート周辺をぐるっと取り囲むオフィシャルホテル全てに対応しています。

取扱内容

・事前チェックイン:ここでルームキー受け取れます(条件付き)
・バゲッジデリバリーサービス:お部屋まで無料で運んでくれます
・パークチケットの販売:入園保証付きも購入可能

ホテル→ウェルカムセンターへのバゲッジデリバリーの受け取り(有料)

※こちらはシェラトングランデ東京ベイでできる内容です。

ホテルによって細かな違いがある可能性がありますので、詳しくは直接宿泊先ホテルにご確認ください。

 

実際利用してみたら

利用ホテル:シェラトングランデ東京ベイ

利用時間:連休初日午後12時ごろ

利用内容:バゲッジデリバリーのみ。

(事前チェックインはマリオットボンボイアプリで処理済み。パークチケットは購入済みでした。)

 

1階オフィシャルホテルフロアのシェラトンの列に並びます。

連休初日とあってかなりの混雑。前に8組ほど並んでいました。

シェラトンのカウンターは2か所オープン。

シェラトンあるあるですが、1組当たりのチェックインの手続きが長く、なかなか進みません。

30分程待ってようやくあと3組といったところで、スタッフがヒヤリングに来てくれました。

アプリでチェックイン済みであることを提示し、バゲッジデリバリーのみ利用したい旨を伝えると、その場で荷物を回収、預かり伝票だけ受け取り、手続き終了。

幸いにもカウンターまでの順番を待たずに列を抜けることができました。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

なお、バゲッジデリバリーサービスは通常16時30分以降ホテルで荷物受け取り可能になりますが、この日は混んでいたようで、

「荷物到着が19時ごろになる予定なので、お部屋入室時間もその時間にしてほしい」

と言われました。

たまたまチェックイン時間を18時頃予定にしていたため特に支障はありませんでした。

 

今回はバゲッジのみでしたが、フルで手続きする場合は前述の通り、

事前チェックインでルームキーゲット、手荷物預かり、入園保証付きパークチケット購入まで一括で行うことができます。

パークチケットについては、もし入場制限中の場合、オフィシャルホテル宿泊者のみ購入できる「入園保証付きパークチケット」でないと入れないので、それがホテルまで行かずに買えるのはありがたいですね!

総括

遠方からのお泊りディズニーの場合どうしても到着日は遅めのインパ、閉園近くまでしっかり遊んでからホテルというパターンが多いと思いますが、閉園後のホテルチェックインは長蛇の列になることが多く疲労感がさらに増してしまいます。

「閉園後はまっすぐお部屋に入って届いた荷物を開けてお風呂に入る!」

舞浜駅に到着後すぐにそれを実現してくれる、ウェルカムセンターのサービスは時間を有効に使えるありがたい味方です!

連休初日など混雑して手続きに時間がかかることもありますが、30分~1時間ほどあればインパ前に身軽になった状態で楽しめ、閉園後は真っすぐお部屋にいけるのでおすすめですよ!

(ちなみにこの日なぜかオークラのカウンターだけ、待ちゼロでした。)

www.tokyodisneyresort.jp

 

ガーデンタワー・デラックス ツイン@ホテルニューオータニ東京(紀尾井町)

最近、桜を見る会問題、官房長官のパンケーキなど霞が関系で話題になっているホテルニューオータニ

ガーデンタワーのお部屋が続々リニューアルしているとのことで久々にガーデンタワーに宿泊してきました!

目次

 

f:id:Starwave:20191213212058j:plain

迎賓館より 左:本館 右:ガーデンタワー(奥はプリンスギャラリー紀尾井町

最近では先にリニューアルを終えている回転展望レストランのある本館(ザ・メイン)(写真左)に宿泊することが多かったのでタワーは久しぶり。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

ガーデンタワーは1974年開館ですが、今どきの高級ホテルとしては珍しくここ最近まで近代的な改装は確かされておらず、フロント階やエレベーターホールを中心に昭和レトロな雰囲気が漂っていましたが、近年客室の改装が進んでおり、最近のオータニっぽいシックな雰囲気にリニューアルしています。

今回は改装されたばかりのデラックスルームに泊まることができたのでレビューしていきます!

ガーデンタワー・デラックスツイン

f:id:Starwave:20191216154141j:plain

公式HPより

その前に公式HPの客室紹介ページがこちら。

東京タワーの見えるシックな雰囲気なデラックスツインのお部屋の写真とともに

赤坂見附の電飾からつながる東京タワーの夜景が印象的な60平米のお部屋や・・・

とあります。

で、実際泊まったお部屋がこちら

f:id:Starwave:20191213212259j:plain

デラックス ツイン

壁にかけられた絵まで全く同じお部屋でした!

(あとから出てきますが眺望も同じです^^)

f:id:Starwave:20191216154239j:plain

間取り(公式HPより)

宿泊したお部屋の間取りがこちら。

スリーポインテッドスター型の建物の最も内側(エレベーターホール側)なので台形に近い間取りになっています。

いやぁ、広い!

60平米というと、これまで泊まったホテルではジュニアスイートと同じ広さ。

仕切りはないものの、リビングとベッドルームがあるので、気分としては完全にジュニアスイートです!

f:id:Starwave:20191216154209j:plain
f:id:Starwave:20191216154225j:plain
デラックスダブル/トリプル間取り例

参考までにダブルとトリプルの間取りの例を。

リビングの広さ、ウエットエリアの間取りがお部屋によって全然違うことが見れます。

ガーデンタワー・デラックスは50~60平米とあるので、トリプルの間取りでも今回泊まったお部屋とそんなに広さが変わらないのかも?

それにしてもトリプルルームはリビングとベッドルームの間に扉があるので、定義上は完全にスイートルームですね!!

f:id:Starwave:20191213212259j:plain

ガーデンタワー デラックスツイン

[全体的な印象]

お部屋のレビューに戻ります!

全体的な印象としてはやはりシックさと圧倒的な広さ。

我が子が歩き回っても余裕の広さです。

空気清浄機があるのは嬉しいポイントです。

写真中央の大きいソファはおそらく3名対応時のソファベッド。

(ソファベッド用のマットと枕があったのでたぶん。)

f:id:Starwave:20191213212330j:plain

ベッドサイドより

ベッドサイドからみたお部屋。

テレビは新江戸ルームと同じレグザの55型!それも2台!!

前回のお部屋より広いのでテレビの大きさとしてはジャストサイズな印象(笑)

スマートリモコンではありませんでした^^;;

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

こちらの写真からお気づきと思いますが、リビングの照明が極端に少ないです。

(室内の天井の照明は全てON、なるべく実際に近い明るさで撮影)

なので日中は特にクローゼットとテレビの間の三角形のあたりがとっても暗いです。

ぶっちゃけ夜も暗いので、本来ベッドルームにあるスタンドライトをリビングに持って行って使っていました。

[クラブフロア特典]

f:id:Starwave:20191213212130j:plain

冷蔵庫のソフトドリンクフリー!!

今回はニューオータニクラブフロアに宿泊しました。(会員優先階のことです)

冷蔵庫には各種ソフトドリンク、ミネラルウォーターが冷やされていますが、すべて無料でいただけます!!

これは知らなくて驚きました!こどもに安心の100%果汁ジュースもあり感動!

(クラブフロアのみ。アルコール・スナックは有料です。)

その他コーヒーマシンや緑茶、梅茶も無料でいただけます。

f:id:Starwave:20191213212158j:plain

クローゼットも十分な広さ

クローゼットは姿見付きの観音開きで広さも十分。

子ども用のスリッパも用意していただいてありました!

[ウエットエリア]

f:id:Starwave:20191213212414j:plain

リビング横の引き戸を開けると

リビング横のちょっと段差のある引き戸を開けると

f:id:Starwave:20191213212457j:plain

パウダールーム

ウェットエリアがあります!

こちらはお部屋の雰囲気と差があり、おそらく大きな改装はされていないのかも?

f:id:Starwave:20191213212645j:plain

バスルーム

f:id:Starwave:20191213212620j:plain

トイレ

パウダールーム同様雰囲気の差はありますが、設備的には古くなく、キレイです。

お風呂が驚きの広さ!!

写真では伝わりにくいですが、洗い場の広さが過去イチの広さ!!

先ほどの間取り図で全体像がつかめますが、この部屋タイプのウエットエリアは総合的に広そうです。

訪日外国人を意識してか、浮世絵や風呂桶があるのは日本人としても嬉しいポイントで、お風呂タイムは非常にリラックスできます。

f:id:Starwave:20191213212547j:plain

アメニティはmarie the

アメニティは新江戸と同じオムニセンスパリのmarie theです。

柑橘系の香りがいいですね。

ちなみにこちらのオータニのアメニティ、エグゼクティブハウス禅はフェラガモ、タワーのスイートルームはブルガリです。

f:id:Starwave:20191213212523j:plain

歯ブラシ、髭剃りなどは標準のものです。

バーバパパのは子供用の歯ブラシです。

f:id:Starwave:20191213212750j:plain

ターンダウン後

ターンダウン後のベッドにはパジャマとチョコレートが置かれていました。

今回も子供の転落防止策としては枕を使いました。

[眺望]

f:id:Starwave:20191213212721j:plain

夜景はザ・東京

眺望・夜景は先述のキャッチコピー通り!

赤坂通りから続く東京タワー、その奥にレインボーブリッジとザ・東京な景色が広がりとってもキレイです!!

[絶景の朝食]

f:id:Starwave:20191216220644j:plain

タワー・ブッフェ

朝食はガーデンタワー40Fの「タワー・ビュッフェ」で頂きました。

「絶景の朝食」を謳っており、高層階から東京を一望しながら朝食を頂けます。

f:id:Starwave:20191216220755j:plain
f:id:Starwave:20191216220815j:plain
新宿方面の眺望

新宿方面の眺望は迎賓館、東宮御所、新国立競技場に新宿ビル群が一望できます!

確かに絶景!!

(東京タワー側の眺望は今回の客室からとほぼ同じ)

f:id:Starwave:20191216220703j:plain

メニューは少数精鋭

朝食メニューはザ・メインのロビーラウンジよりは多いですが、少数精鋭です。

和食と洋食の定番がいただけます。

そして、子ども用のチェア、お皿やカトラリーの用意があります!

レストランのイチオシはフレンチトースト。おいしかったです^^

こちらのホテルの朝食会場でシェフがオムレツを焼いてくれるのはSATSUKIのみです。

www.newotani.co.jp

[余談]

3000円のパンケーキ

f:id:Starwave:20191217110009j:plain

季節の果物と合わせた分厚いパンケーキを提供

アド街で紹介されて話題になっている「菅官房長官の好物 3000円のパンケーキ」

ニューオータニ東京・幕張・大阪のSATSUKIで食べることができます。

現在、菅さんの影響でパンケーキ提供時間帯はどこも行列がつく盛況ぶり。

焼くのに30分ほどかかるので、じっとしていられない子供連れにはちょっと厳しい・・・

そこで、「ルームサービスできませんか?」ってホテルスタッフに聞いてみたところ(恥)

話題になっている方のパンケーキは残念ながら店内のみとのこと」

との回答をいただきました。

 

ルームサービスでパンケーキを食べたい場合は朝食時間帯のみですが、

「クラシックパンケーキ」(プレーンで1500円)を注文することができます。

こちらもSATSUKIのシェフが焼いているということ同じは同じですが、

f:id:Starwave:20191217110446j:plain

ルームサービスのパンケーキ(イメージ)

このようないわゆる「ホットケーキ」タイプとのことで、菅さんと同じ気分にはなれないようです(笑)

(写真の商品はSATSUKIで提供しているホットケーキ)

SATSUKI各店に「菅さんのパンケーキ」を食べにいかれる際は時間とお腹に余裕を持っていかれることをお勧めします^^

成人男性でも結構ボリューミーらしいですよ!

www.newotani.co.jp


[総括]

お部屋は総合的に落ち着く空間で、快適にゆっくり過ごすことができました。

特にお風呂の広さは驚きで、子連れでも余裕でゆっくり入ることができました!

同じカテゴリor広さで比べるとザ・メインより圧倒的に安く泊まれるので、アメニティや設備に若干の違いはあれどガーデンタワーもアリだなと思います。

また、ガーデンタワーのフロント、ベルキャプテンの対応がスマートで気持ちがよかったことは、前回の滞在を思うと大きな加点になりました。

安く泊まれるので許容範囲ですが、あえて批評するなら、ザ・メインと違いフルリノベーションでないことと、新調された調度品もザ・メインと比べると安っぽく感じることが挙げられます。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

大嘗宮一般参観&オープンカー一般公開@皇居・迎賓館赤坂離宮

 天皇陛下の即位にあたって行われた大嘗祭の舞台となった大嘗宮が

2019年11月21日から12月8日までの18日間、一般公開されており、その最終日に観に行くことができたので、記録していきます!

子連れ、ベビーカーで皇居に行くのは初めてだったので、子連れ目線で気づくこともいろいろありました!

目次

 

大嘗祭

天皇皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。

天皇が即位した年の新嘗祭(収穫感謝の秋祭り)(毎年11月23日)のこと

f:id:Starwave:20191213211211j:plain

大嘗宮見取り図 宮内庁公式HPより

f:id:Starwave:20191211151604j:plain

大嘗宮見取り図 宮内庁公式HPより

※幄舎は一般参観の参観路確保のため解体済み

※周囲の囲いも大部分が撤去されており見学しやすいよう配慮されていました

[当日の様子]

f:id:Starwave:20191213204510j:plain

DJポリスが呼びかけを行っていました。

当日は東京駅からアクセスしました。

ネット上で大嘗宮参観の待ち時間が90-120分にもなる日が続いているとの情報を見ており、気合い入れて開門30分前の8:30までに皇居に到着するように向かいました。

最終日のこの日も朝からすごい人出で、東京駅から皇居までずっと人がつながっていました。

DJポリスさんも朝から声を張っていて本当にご苦労様でした。

f:id:Starwave:20191213211218j:plain

坂下門への経路

通常東京駅から坂下門までは行幸通りをほぼ直進でいけますが、

混雑整理のため上図のように迂回するよう案内がでていました。

かーなり遠回りです。

f:id:Starwave:20191213204541j:plain

バリアフリー入場口

しかし、地図の青丸あたりにこのような看板がありました!

我が子がベビーカー利用だったので警備の人に聞いたらこの看板の横から入れてもらえて、かなりのショートカットになり助かりました!

f:id:Starwave:20191213204605j:plain

坂下門手前までショートカット

すると、地図赤線を辿って迂回する必要がなく、従来通り坂下門まで一直線!

テレビで流れていた長いつづら折りも、待機列もぜーんぶすっ飛ばして、

坂下門手前までノンストップでショートカットできます!

砂利道も人ぎゅうぎゅうの長い待機列もベビーカーでは大変だからありがたい!!

写真右手に見える小さなテントがバリアフリー用のセキュリティーゲート。

その奥の門が坂下門です。

セキュリティーのテントまでVIPのごとく誰もいない通路をすたすた歩きます。

f:id:Starwave:20191213204631j:plain

8:30到着ですでに開門

セキュリティゲートでは簡単な手荷物チェックと金属探知器の検査を受けました。

バリアフリーのゲートを抜けると、上写真の場所から一般列に合流!

本当に坂下門の目の前までスムーズにたどりつけました!

そして、本来9-15時の開門時間のはずが、なぜか8:30到着時にすでに開門しており、そのまま待機することなく参観できました!

f:id:Starwave:20191213204653j:plain
f:id:Starwave:20191213204718j:plain
宮殿と宮内庁

坂下門をくぐるとすぐに一般参賀でよく見る皇居宮殿と宮内庁庁舎が見えます。

来年の新年一般参賀は大変な人出になりそうですね;;

f:id:Starwave:20191213204741j:plain

仮説のベビールーム

大嘗宮に向かう経路の途中、仮設のベビールームがありました!

経路内に仮設のトイレはたくさんありましたが、こんな施設まであるなんて!

宮内庁すごい!!

[大嘗宮]

f:id:Starwave:20191213204813j:plain

大嘗宮が見えてきました

さて、そうこう歩いていると大嘗宮が見えてきました。

アーリーエントリー(笑)できたので、まだまだ空いています。

皇宮警察の警備の方の誘導もユーモアあって穏やかでした^^

f:id:Starwave:20191213204845j:plain

正門からお宮に入ります

f:id:Starwave:20191213204920j:plain

小忌幄舎(おみあくしゃ)

f:id:Starwave:20191213205010j:plain

f:id:Starwave:20191213205040j:plain

南小門と殿外小忌幄舎

メインの南小門へやってきました!

ここが一番の人気スポットで警備の「剥がし」がすごかったです(笑)

絶対に立ち止まらせてくれないので、見たり撮ったりともう必死です!


今回、経費削減のため茅葺屋根から板葺き屋根に簡素化されていますが、

それでも神明造の神聖な雰囲気はしっかり伝わります。

f:id:Starwave:20191213205150j:plain

主基殿などを側面から

参観経路に従って向かって左側からお宮の後ろへまわっていきます。

途中、大嘗祭の中心的な儀式が行われた主基殿(すきでん)を見ることができます。

f:id:Starwave:20191213211200j:plain

廻立殿(かいりゅうでん)

後ろに回ると、祭祀に先立って天皇陛下が沐浴をされた廻立殿がみれます。

素人目にはなんとなく正倉院っぽく見えます。

かなり大きかったです。

f:id:Starwave:20191213205108j:plain

消火器箱

万が一のため、消火器が用意されていましたが、このように景観保護されていました。

すてきです。

f:id:Starwave:20191213211257j:plain
f:id:Starwave:20191213211238j:plain
清水建設が担当

今回の大嘗宮仮設は神社建設に長けた清水建設が9億5700万円で入札し担当しました。

約3ヶ月かけて「仮設」され、この記事を書いているころにはもう取り壊しが始まっているとは思いますが、今回から初めて「資材の再利用」がされるようです。

[ベビーカー的東御苑の難所]

f:id:Starwave:20191213213002j:plain

大手門までの坂はかなりの急斜面

帰りは、空いていたので大手門に出る経路を進みました。

紅葉が非常にキレイでしたが・・・途中すっごい急な下り坂がありました。

ベビーカーにはそこそこの難所。

この大嘗宮があった皇居東御苑は通年で一般公開されており、いつでも入ることができます。

多くは舗装されており、お散歩などに非常によい所ですが、ところどころある坂や、砂利多めのところはベビーカーではちょっと苦労するかもしれません。

迎賓館赤坂離宮

元々は東宮御所として建設され、皇室の施設でしたが、現在は内閣府所有として各国の賓客を迎える場となっています。ちなみに国宝。

f:id:Starwave:20191213211824j:plain

赤坂迎賓館

大嘗宮を見た後は、赤坂迎賓館へ「即位御列の儀」で使用されたオープンカーの一般公開も見てきました!

こちらも赤ちゃん&ベビーカーでの入園可です。

オープンカーの一般公開中は庭園と宮殿内は予約なしで見れます。

今回は時間の都合で庭園しか入らなかったので、大人300円(大学生以下無料)で入ることができました!!

f:id:Starwave:20191213211425j:plain

オープンカー

オープンカーは前庭側、車寄せに大きなアクリル箱に入れられて鎮座していました。

パレード後は「様々な国家行事に利用する」ことを前提として内閣府に移籍され、

皇ナンバーから普通の品川ナンバーに取り換えられています。

(11-10はパレードした日にちなんで。役所の割に洒落きいてるじゃん。

f:id:Starwave:20191213211531j:plain

皇10ナンバー

もうこれをつけて走ることはないであろう「皇10」ナンバー

菊の御紋とともにぴっかぴかに輝いています。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

f:id:Starwave:20191213211638j:plain

リアシートがちょっと高い

パレードの際、両陛下がよく見えるようにと、リアシートがちょっと高かったり、

座面の角度が少し立っているそうです。

ここの両陛下が座られていたと思うとちょっとゾクゾクします。

f:id:Starwave:20191213211605j:plain
f:id:Starwave:20191213211721j:plain

ベースはトヨタの新型センチュリー。

センチュリーロイヤルではありません。)

オープンカーにするため様々な補強がされているそうです。

ちなみに、宮内庁は調達にあたってトヨタ、日産、ホンダ、ロールス・ロイスメルセデスから提案を受け、その中で条件が一致したトヨタを採用したとのこと。

1両の調達費用は約8000万。

余談

f:id:Starwave:20191216152214j:plain

宮内庁HPで見ることができた混雑状況

今回の大嘗宮一般参観の総参入者数は約80万人だったそうです。
公開期間18日なので1日平均5万人!

ディズニーランドの入場規制かかるラインくらいの人数が毎日皇居にきていたということになるので、これはすごいことかと。

それだけ国民の関心があるのであれば、今後の皇室の在り方をもっと活発に議論できるはず。

総括

令和の代替わりの花形的なものを2つもこの目で見ることができ、とにかく感動でした!

皇居も迎賓館も子連れでは初めて。

良い意味でいろいろ気づくこともあり今後の参考となりました!

迎賓館はベビーカーOKですが、主庭の砂利は結構深くでベビーカー押しずらいので注意が必要です!(皇居の砂利はそうでもなかった)