StarwaveのDisney&Hotels Life

ディズニーとホテルライフが趣味の夫婦が綴る宿泊記

クラブラウンジ@ザ・リッツ・カールトン東京

リッツカールトン東京のラウンジアクセス付き客室に宿泊したので記録していきます。

今回はクラブラウンジの記録です。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

目次

 

クラブラウンジ

ホテル最上階の53階にあります。

クラブラウンジ

利用時間

12歳未満のお子様の利用は19:30までです。

ご朝食                            7:00 am – 10:30 am
ご軽食                              11:30 am – 1:30 pm
アフタヌーンティ                     2:30 pm – 4:30 pm
ディナー前のオードブル          5:30 pm – 7:30 pm 
スイーツ&コーディアル          8:00 pm – 10:00 pm (ラストオーダー 9:30 pm)
※45階タワ-ズもしくはインルームダイニングでのご朝食は、別料金となります。
※フードプレゼンテーションのご利用は、到着日のチェックイン後(3:00 pm)よりご案内申し上げます。
※クラブラウンジ内の混雑を避ける為に、ディナー前のオードブルと、ご朝食はご予約をお願いしております。
※混雑状況により、お時間制限を設けさせていただく可能性がございます。
※チェックアウト後、約30分間はクラブラウンジをお楽しみいただけます。

ラウンジ内の様子

ソファエリア

メインエリア

ライブラリーエリア

ライブラリーエリア(反対側から撮影)

ダイニング

バーカウンター

ラウンジは横長で、エントランス/コンシェルジュデスクを手前にソファ→メイン→ライブラリーと続きます。

メインとライブラリーの境あたりにダイニングとバーカウンターがあります。

チェックイン/アウト

クラブラウンジロゴのルームキー

一般のフロントでチェックイン待ちをしていると、「クラブラウンジでチェックインをさせていただきますのでご案内します」とのことでスタッフのアテンドでクラブラウンジへ。

時間的にアフタヌーンティーシャンパンをいただきながらの優雅なチェックインとなりました。

ルームキーにクラブラウンジと入っていますが、ラウンジに入る時にルームキーの提示は不要です。

チェックアウト時のお土産(LUPICIAのMt.Fuji丸缶)

チェックアウトもラウンジでできます。

お昼の時間帯だったのでランチをいただきながらのチェックアウトとなりました。

滞在の記念にとLUPICIAの丸缶をいただきました。

インド産の紅茶にシナモン、カルダモン、ペッパーなどがブレンドされたもの。

LUPICIAですが販売者はリッツカールトンです。

反射して文字が写っていないですが、

"Exclusively blended for the Club Lounge Guest of The Ritz-Carlton,Tokyo"

と書いてあり、なんと、クラブラウンジゲスト限定のものでした!すごい!

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーメニュー(22年12月)

クラブラウンジ専用のアフタヌーンティーメニューが提供されます。

アフタヌーンティー

ケーキスタンドでの提供でテンション上がります!

それぞれのお皿

見たらわかる、美味しいやつです。

特にスコーンとクロテッドクリームは絶品でした!

我が子はマカロンにどハマり。

その後、「今日のおやつはマカロンがいい」なんて言うようになってしまいました。(あなたをそんな子に育てた記憶はありません!笑)

ジャムとか

テーブルの上にはジャム、砂糖やお花が置かれています。

ジャムは京都と大阪と同じものです。

ドリンクメニュー

で、ジャムの横のQRコードを読み込むとドリンクメニューが出てきます。

この中からお茶を選んで、スタッフに頼むスタイルです。

昼でもアルコール提供あり

アルコールは1日飲めます

アフタヌーンティーの時間帯はお茶はもちろん、アルコールも飲み放題です!

シャンパン片手に都会の高層階でアフタヌーンティー・・・贅沢です。

クッキー、ドライフルーツ、パン

アフタヌーンティーはセットで提供されますが、それ以外にもクッキー、ドライフルーツ、ヨーグルト、パンなどお茶やお酒に合うフードがたくさん置かれています。

カクテルタイムに行かれる方は食べ過ぎ注意です。

セルフのティーコーナもあります。

アフタヌーンティー時間帯以外もいつでも利用できるセルフのティーコーナーです。

リッツオリジナルのティーバックが8種類あるのですがこれが結構美味しくて!

下のカフェで販売しているのでラウンジで味を確かめてから購入できます。

カクテルタイム(ディナー前のオードブル)

カクテルタイムは予約制なので混雑はありませんでした。

カクテル帯のダイニング
温かい料理

ライブキッチン
パン、チーズ、スイーツ

この日のメニューはこんな感じです。

実食

どのメニューもあっさり食べやすく、子供も喜んでいました。

特に小皿に入ったタパスがすごく美味しかったです!

アルコールは豊富

アフタヌーンティー帯からラインナップは変わらないですが、豊富です。

シャンパンはリッツラベルのもので結構お高いです。

カクテルタイムはバーカンターにいるスタッフさんにオーダーすると、カクテル・モクテルを作っていただけます。

名前がわからなくても、その日の気分で飲みたい味を伝えると、希望通り、でも期待を超える一品を届けてくれます!

ナイトキャップ(スイーツ&コーディアル)

ナイトキャップのメニュー

ナイトキャップはケーキ、チョコ、カットフルーツなどが並びます。

実食

どれも小さくて、見た目が可愛らしいので引き続き食べ続けてしまいます。

白玉ぜんざいはこの時間帯限定のメニューで、意外性かみなさん食べていました。

あっさりしていて美味しかったです。

夜はムードが増す

夜のラウンジはすごくムーディーです。

この空間からお酒片手に望む東京の夜景は、格別でした。

朝食

朝食も予約制です。

朝食メニュー

朝食は基本メニューとしてオムレツか和定食を選べます。

和定食

和定食はかなり普通。

オムレツ

オムレツと焼き物も・・・普通。

アラカルトがすごかった

メインは普通だったのですが、

ダイニングに用意されているアラカルトはすごかった。

主に前菜系で、シンプルで質の良いものが並んでおり美味しかったです。

特に「野菜のテリーヌ」はオクラなどの茹で野菜を固めただけなのに、美味しい。

野菜好きの我が子、すごく気に入っていました!

ドライフルーツ、パン、オートミール

バケット、食パンなど

パン類も抜かりなく。

流石のリッツクオリティです。

フルーツやヨーグルトも充実

冷蔵庫にはカットされたフルーツ各種やヨーグルトが。

アラカルトの美味しいので、和定食頼むのは少しもったいないかも。

朝のドリンクコーナー

朝のドリンクコーナーはフレッシュジュースやアイスコーヒーが並びます。

セルフOKですが、スタッフがいるときはお席まで届けてくれます。

1巡目に筆者が行った時はマネージャーのような欧米人スタッフが対応。

急な英語だったのでちょっと焦りました笑

突然英語喋り始めた親にキョトンとしていた我が子の顔が忘れられません。^^

軽食

軽食・・・?

お昼どき、チェックアウトのためラウンジに行くと「軽食」の時間帯とのことでお食事をいただくことに。

運ばれてきたものが、こちら。

・・・軽くなくない?!

牛すき煮、マグロたたき、紅白おにぎりにお味噌汁、水菓子、と完全にランチ!

もちろんお酒も飲めます。

ちょっとバブリーな学会のランチョンセミナークラスの豪華さ。

ノーマークだったのでラウンジ滞在で一番の驚きでした。

とても美味しかったです。

子連れ対応

12歳未満の子供はカクテルタイム終了時間の19:30までの時間帯は全て利用できます。

子供用カトラリー、エプロン、チェア

大人の気品漂うクラブラウンジですが、とてもキッズフレンドリー。

なんの心配もいりません。

流石のリッツ。

チェアも2種類あるのでお座りができれば心配なし。

ベビーカー乗り入れもOKです。

ちなみにカトラリーは全てIKEAのものでした。

離乳食あります!

次女が離乳食中だったので、恐る恐る離乳食のことを聞いてみたところ「ご用意します!」とお返事いただき、すぐに温められた離乳食が到着。

感動しました。

眺望

六本木方面

新宿・新国立競技場方面

赤坂方面

ラウンジからの眺望はほとんどが六本木ヒルズなどが見える南西方向ですが、

ライブラリーの一番奥だけ、新宿・赤坂方向です。

宿泊日は富士山見えませんでしたが、新国立競技場を目の前に、背後にそびえる新宿ビル群はまさに、東京。高揚感がすごかったです。

在日米陸軍の六本木ヘリポート

直下には赤坂プレスセンターがあり最近トランプ前米国大統領も利用したヘリポートが見えます。

近隣基地からの定期便があるそうで、このように東京のど真ん中で米軍機の離発着が見えたりします。

余談

東京タワーがルイヴィトンだった。

ルイヴィトンタワー

帰り道のこと。

ふと東京タワーを見ると燦然と輝く、ルイヴィトンのロゴが!!

何事かと思って後日調べたら草間彌生×ルイヴィトンのコラボ企画で増上寺周辺をジャックしていたそうです。

貴重な機会に遭遇しました。

総括

リッツカールトン東京のクラブラウンジの様子を記録していきました。

ホスピタリティは期待以上のリッツクオリティ。

全てにおいて今までのラウンジとは違う、最高級な体験ができました。

ファミリーで利用できるフレンドリーさはあるものの、格式の高い雰囲気は格別。

背筋がピンとなる、ちょっと緊張する雰囲気でした。(この後利用したヒルトンがカジュアルラウンジでホッとしたのは別の話^^)

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com



 

クラブデラックスルーム・ツイン@ザ・リッツ・カールトン東京

リッツカールトン東京のラウンジアクセス付き客室に宿泊したので記録していきます。

目次

 

ザ・リッツ・カールトン 東京

東京ミッドタウンの上層階に入居

ロケーションは言わずと知れた六本木の東京ミッドタウン(防衛庁跡地)内にあります。

2007年のミッドタウン開業と同時にオープンしたリッツ日本1号店。

ホテルは45階〜53階の高層階にあります。

エントランス

エントランスは複数ありますが、写真のミッドタウンのガレリア口が一番ベタでしょうか。

車で来た際は、檜町公園側の車寄せに入ることになり、こちらの方がリッツぽさがあるんですが、いうほど人通りが多いわけでもなく地味っちゃ地味です。(後でちょっと出てきます)

ディスプレイがイカちぃ

エントランスからエレベーターホールへ向かう長廊下の途中にちょっとしたディスプレイがあります。

リッツカールトン東京オリジナルシャンパンはクラブラウンジで頂くことができ、この後たくさん飲みます^^

フロント(夜撮影)

エレベーターを一気に登ってフロント階にあがります。

チェックインの列に並ぶとすぐにスタッフの方がいらして、ヒアリングを受けます。

すると別の担当者が出てこられて、「お待ちしておりました。本日クラブフロアのご宿泊をいただいておりますので、クラブラウンジにてチェックインさせていただきます。ご案内します」と。

そう、今回はラウンジアクセスをつけていたので、列を抜けてスタッフさんと一気にクラブラウンジまであがります。

チェックインはクラブラウンジで

クラブラウンジは最上階:53階にあります。

時間帯的にアフタヌーンティーをいただきながらのチェックインとなりました。

その時の様子はまた別記事で。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

ルームキーは圧のすごいクラブラウンジロゴ入り
モバイルキー

リッツ東京はモバイルキー対応ホテルで、筆者の端末で利用できたので使ってみました。

レスポンス良くて使いやすかったです。

 

それではお部屋を見ていきます。

クラブデラックスルーム・ツイン

お部屋はなんちゃって角部屋

今回は52階のお部屋にアサイン。

2部屋だけ孤立した角部屋ぽいところにお部屋がありました。

向かって正面は本当の角部屋で、筆者らは右手側のなんちゃって角部屋の方です。

間取り(公式HPより)

今回はツインのお部屋なので、右側の図に相当します。

扉の位置が同じなのでこの見た目ままです。

52平米の洋室です。

入り口

お部屋に入って入り口側を向くとこんな感じ。

リッツらしい、幅広い廊下で、ベビーカーは畳まずにおいても全然邪魔になりません。

多分横に3台は並べられます。

左がウェットエリア、右の棚がミニバーです。

ミニバー

ミニバーは一瞬ミニバーと気づかない重厚感。

中身ぎっしり系

冷蔵庫の中はぎっしり系でモエシャンミニボトルとか入ってます。

京都ほどではないですが、高級そうなグラス・カップ類が収められています。

コーヒーカップはNARUMIだったと思いますが、

急須・湯呑みは瀬戸製のNAGAEというブランドで非常に評価の高いメーカーのようです。

www.nagae-seto.jp

ちょっと欲しいかも。

コルク抜きはリッツロゴ入りでした。

コーヒーマシーン

ネスプレッソです。

デカフェが標準で置いてあります。さすが。

モーニングティーサービス

クラブフロア特典としてモーニングコール・モーニングティーサービスがあります。

こちらは前日までにリクエストしておくと、希望の時間にモーニングコールが鳴り、その後希望のドリンクをお部屋まで届けてくれるというサービスです。

今回はホットコーヒー、ホットミルクとデカフェの紅茶をリクエスト。

デカフェを頼む際にフレーバーの好み聞かれたので細かい融通はきくと思います。

さすがです。

ウェットエリア

ウェットエリアは独立した2シンク、トイレ、バス、シャワールームで構成。

ここもまた広さに驚きます。

開けてるとこんな感じ
左:シャワールーム、右:トイレ・バスタブ

バスタブとシャワールームが対面で離れているのがちょっとだけ難あり。

リッツカールトンのアメティといえば、「アスプレイ」ですが、

昨今の環境配慮の影響でタンクタイプに変更。

さよなら、アスプレイ

PHIKOSYKOSというブランドになっていました。

フィロシコス コレクション

ボディクリームもタンクタイプとなっておりアスプレイではありませんでした。

その他アメニティ

その他アメニティはそのままです。

スキンケアセットは追加で

スキンケアセットは無料ですが必要であれば電話でリクエストします。

Carthusia(カルトゥージア)というブランド。

妻曰くすごくいい、とのこと。

レプロナイザー!!

ドライヤーはアノ、レプロナイザーでした!
筆者らは何気に初・レプロナイザー!!

今までのドライヤーの中で、なんか色々1番凄くて感動しました!

bioprogramming-club.jp

おむつ用ゴミ箱

今回は赤ちゃん連れを申告していたのでおむつ用ゴミ箱の用意がありました。

可愛い系でちょっと浮いてたな笑

メインルーム

メインルームは、「あれ、リッツ大阪?」と錯覚するほど重厚系リッツの双璧をなすリッツ大阪とよく似ています。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

反対側から

反対側から見るとこんな感じ。

ベビーカーの小ささでお部屋の広さが伝わるでしょうか。

ベビーベッド

赤ちゃんがいたのでベビーベッドをリクエスト(無料)

立派にベッドメイキングされていました。

ベビー用アメニティ

ベビー用の低刺激ソープやベビーオイルも用意されており、感動!!

子供用パジャマ・バスローブ

添い寝の長女用には大人と同じデザインのパジャマとバスローブが用意されていました。

可愛い!!

クローゼット・テレビ

大型テレビの両サイドはクローゼット。

めちゃ広い

もうとにかく広いです。

小さい子連れだと荷物増えがちで床に溢れたりしますが、これなら全部収容できます。

リッツといえばシューシャインサービス

クローゼット内にはシューシャインサービスに出す用の箱があります。

前日までに出すと、翌朝までに新品のように靴を磨いてくれます。

無料なので、ぜひ。

さらにクラブフロア特典として、クリーニング5着無料サービス!!

次の日少しちゃんとした服装が必要で持参していたのでせっかくなので利用してみたら、

やはり感動。

ユニクロのスラックスがオーダーメイド品のような仕上がりで帰ってきました笑

通常のクリーニングメニューで扱っている衣類であればなんでも利用できるのでこちらも是非!

デスク・ウェルカムチョコ

デスクは仕事のしやすい大きさ。

見た目よりコンセント類が多かったりと多機能です。

ウェルカムチョコは同ホテルのカフェでも取り扱っているものです。

眺望

東向き:皇居・スカイツリービュー

今回のお部屋の眺望は東側:皇居・スカイツリー向きでした。

同ホテルはこの他に、北側:新宿方面と西側;六本木・富士山方面があります。

東京タワーは南側に当たるので見える部屋はないのかも?

筆者らのお部屋から足元だけ辛うじて見えましたが、ほぼビルに遮られていました。

在日米国大使館職員官舎

眼下には有名なアメリカ大使館の職員官舎が見えます。

この敷地内は、アメリカ合衆国です。

夜景

夜景はこんな感じ。

City popかNight Chillでも聴きたくなる風景。

スケートリンク

真下には冬季限定のスケートリンクが。

周囲のライトアップの中でも一際煌びやかでした。

スカイツリー

スカイツリーのライトアップもいい感じ。

プール

プール(公式HPより)

プール、フィットネスは46階にあります。

7-22時の営業で宿泊者は無料で利用できます。

年齢制限も寛大で、4歳以上は全時間帯利用できます。

撮影禁止のため公式よりお借りしていますがこんな感じです。

水深は1.2mで20メートル4レーンです。

利用したのが夜で、夜景が美しく非日常感がすごかったです。

利用方法

利用方法ですが、

  • 利用時間は1組45分
  • お部屋にあるQRコードから順番待ちをリクエストする必要があります。

夕方は混む傾向にあり筆者らは40分程度待ちました。

行ってみると2,3組しかおらずかなり人数絞っているのかと。

ビート板などの補助器具は少しあって子供にも優しいです。

ロッカーにはスリッパ・タオル・バスローブ

更衣室はかなり狭め。

ロッカーの使い方も少し難しいので受付の段階でアテンドをお願いすると色々と教えていただけます。

更衣室はシャワールームありますが化粧台周りがドライヤー以外ないのでスキンケアしたい方は持参の必要があります。

リッツキッズ

リッツキッズプログラム

リッツ東京ではリッツキッズ向けに無料のスタンプラリーを用意。

チェックイン時にいつものアドベンチャーパスポートをいただけるのですが、今回はホリディシーズンの宿泊でこのようにクリスマス仕様のスタンプラリーもありました。

周辺情報

港区立六本木西公園

子連れで六本木てどう過ごせば・・・と思う方いると思います。

意外と周辺に公園があるもんで、真下の檜町公園の他、写真の六本木西公園など遊具のある公園がいくつかあり、子供を思いっきり遊ばせてあげることができます。

また、国立新美術館は至近です。

余談

停まっている車がすごかった...

地下駐車場

車寄せ周りのバレーパーキング

やはりというべきか、さすがというべきか、

ホテルに停まっている車たちが本当にすごくて・・・

まず庶民が停める地下駐車場は一角丸々メルセデス

そして、富裕層自慢のバレーバーキングは、

ロールス、ロールス、ロールス、たまにフェラーリ

しかもこの日は比較的新型の車種が多く、富裕層ガチ勢かと。

もう、ほんと・・・すごいよね。

ちなみに駐車料金は1泊6000円(入庫24時間)です。

ワォ。

全国割が適応外だった。

今回はポイント&キャッシュで宿泊しました。

ちなみに86,000pt+35,000yen+taxでした。

ちょこちょこチェックしているとポイントが変動しているようで、最初は90,000ptオーバーで予約していたところを変更することができました。

で、今回の宿泊は全国割開始後の宿泊だったため、staynaviより申請していました。

ただ、この時点ではホテル公式的には「準備中」で詳しい適用条件は不明。

で、後からホテルよりお電話いただいて、「今回は全額キャッシュのご予約だけが対象」ということで適応外となりました。

前回のGoToではポイント&キャッシュでもキャッシュ部分は割引適応だっただけに残念。

とはいえ、破格のお値段でクラブフロアを利用できたのでお得感は想像以上でした^^

(地域クーポン貰えなかったからお土産プランは変更した)


総括

リッツカールトン東京のクラブデラックスルームを記録していきました。

やはりリッツ、感動が多いです。

東京の景色を堪能できるので「東京感じたい!」方に最適です。

引き続きクラブランジの様子を記録していきます。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

朝食ビュッフェ&施設紹介@伊豆マリオットホテル修善寺温泉

静岡県の伊豆マリオットホテルに宿泊してきたので記録していきます。

今回は朝食、施設編です。

(※今回も身内の宿泊&執筆依頼ですので、写真の雰囲気がいつもと少し違います。)

目次

 

朝食

Grill &Dining G

朝食会場 Grill &Dining G(公式HPより)

朝食会場は2階のオールデイダイニング:Grill &Dining Gです。

元ラフォーレ系マリオットでお馴染みのレストランです。

公式では168席とそれなりに広いです。

滞在時はビュッフェスタイルでした。

おすすめメニューボード

入口におすすめのアレンジメニューの案内がありました。

オシャレなカフェ風メニューから、シラス・ワサビ・茶そばなどのご当地メニュー系など紹介されていて、結構参考になります!

インルームサービス用のメニュー

インルームサービスでも朝食をいただくことができます。

なかなか高い・・・

追加で朝からアルコールをいただける点はいいかもです。

 

それではメニューを見ていきます!

ドリンク、ヨーグルト、エッグステーション

フレッシュジュースやエッグステーションはハワイアンカフェ風でライブ感のあるコーナーにあります。

シリアル

シリアルのディズプレイがなんかオシャレ。

エッグステーションメニュー

卵料理は各テーブルにある注文表にオーダーを記載して持っていくスタイル。

(と、思うのですが実際はスタッフさんがテーブルまで来てオーダー表を回収してくれました。)

ローカルオムレツとして桜海老の入ったオムレツの用意があります。

フルーツ

洋食系つけ合わせ

和食系つけ合わせ

見た目鮮やかなメニューが並びます。

和食はご当地色出したり、1月宿泊とあって若干お正月感あります。

ご飯・カレー

ご飯、味噌汁、カレーです。

カレーはクセのない、甘口のキーマカレーとのこと。

極キザミの野菜がたっぷり入っていて老若男女の問わずウケが良さそう。

パン

パンの種類も豊富です。

ホテルロゴの刻印入りの木箱がおしゃれすぎる。

つい食べ過ぎちゃいそう。

チーズ、飲茶
チーズ

チーズも各種あります。

せいろの中はシュウマイなどの中華系。

静岡茶楽しめます

静岡ということで静岡茶を楽しむことができます。

ドリッパーが今風ですね。

実食

1巡目、実食です。

ザ・ホテル朝食ですが、もちろん満足度は高かったです。

ホテル設備

ベビーケアルーム
おむつ替え・授乳室

共有スペースにはおむつ替えと授乳ができる個室タイプのベビーケアルームがあります。

ちょっとした離乳食もいけそう。

キレイだしパーソナルな空間なのでお部屋使えない時間帯に嬉しい設備。

キッズルーム

テディベアの奥に広いスペース

キッズルーム

ロビー階、階段下は広いキッズルームとなっています。

解放時間は8:00-21:00

プレイエリアはもちろん、絵本とぬいぐるみもあり色々遊べそう。

同ホテルはプールがないので嬉しい。

ケアルームと合わせて小さい子供連れにはありがたい設備です。

フィットネスジム

ジム

フィットネスジムは24時間オープンで宿泊者は無料で利用できます。

大浴場

温泉大浴場(公式HPより)

温泉大浴場はもちろん無料で利用できます。

上記のようにクローズしている期間もあるそうなので注意が必要です。

岩盤浴

岩盤浴

珍しい岩盤浴があります。

こちらは予約制・有料(45分550円)です。

結構良かったとのこと。

11:00-21:45まで営業しています。

レンタルサイクル

レンタルサイクル

レンタルサイクルは3000円/4時間〜

Miyata EX-CROSS e'22という高性能E-bikeとのこと。

これは気持ちよさそう。

158cm~の身長制限があり子供用はありません。

伊豆修善寺を爽快に駆け巡る 電動アシスト付クロスバイクレンタル │ アクティビティ │ 伊豆マリオットホテル修善寺 | Izu Marriott Hotel Shuzenji

スポーツ施設
テニスや体育館

ゴルフ、テニス、体育館など様々スポーツアクティビティを楽しむこともできます。

総括

伊豆マリオットの朝食と施設を記録していきました。

朝食は見た目鮮やかで間違いないメニューたり。

設備はキッズフレンドリーな設備や各種スポーツアクティビティが充実しており、家族で満喫できるホテルだなと思いました。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

露天風呂付デラックスルームツイン@伊豆マリオットホテル修善寺温泉

静岡県の伊豆マリオットホテルに宿泊してきたので記録していきます。

(※今回も身内の宿泊&執筆依頼ですので、写真の雰囲気がいつもと少し違います。)

目次

 

伊豆マリオットホテル修善寺温泉

山道をひたすら登る

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条家ゆかりの地として度々登場した伊豆。

その伊豆半島のやや中央エリアにあるのが修善寺エリアです。

大河ドラマでも大事な場面(だいたい暗殺)修善寺が登場し、印象深い地です。

また、温泉地であり数多の文豪が愛した地としても有名。

そんな修善寺エリアにあるのが同ホテルです。

山間部のリゾートということで山道をぐんぐん登っていきます。

分かれ道

山道を登り切ると、ラフォーレとマリオットの分かれ道となります。

今回はマリオットに宿泊するので右へ進みますが、

伊豆マリオットも南紀白浜や琵琶湖、軽井沢などと同じく森トラストのラフォーレ倶楽部系列なので、結局どちらへ進んでもラフォーレです。

一大リゾート

というのもこのエリア、マリオットを含めた「ラフォーレリゾート修善寺」というラフォーレのコンプレックスリゾートとなっており、ゴルフ場をメインに、各種宿泊施設、スポーツ研修施設が並んでいます。

www.laforet.co.jp

外観

前置きが長くなりましたがホテル外観です。

典型的な元ラフォーレのマリオットです。

フロント

フロントはマリオットぽさを感じるモダンで広い空間。

セルフのウェルカムドリンク

フロントにはウェルカムサービスとしてセルフのお茶とお菓子のサービスがありました。

この日はグリーンティートロピカルが振る舞われていました。

ゴールドエリート特典

ゴールドエリート特典はいつも通りです。

今回は、露天風呂付ルームを予約していたのでアップなしです。

宿泊棟は3方に分かれる

宿泊棟は三方に分かれていますが、棟自体がフロント棟と別なので実質一体です。

今回は3階の宿泊でしたが、部屋番号は全て「7」スタートでした。

キレイで広い廊下

廊下はキレイで広々。

温泉露天風呂付デラックスルームツイン

間取り図(公式HPより)

お部屋は40平米の洋室、露天風呂は、温泉です

それではお部屋を見ていきます。

玄関

洋室ですが、玄関で靴を脱ぐタイプ。

トイレ

入口横にトイレ

ウェットエリア

洗面台はシングルでシンプル。

マリオットといえばはTHANNあります。

シャワールーム

ただシャワールームのソープ類はタンクタイプになっており、「thiswork's」というブランドでした。客室の浴槽は露天のみで内風呂はありません。

メインルーム

お部屋全景はこんな感じ。

反対側から

反対側から。

シンプルモダンといったイメージでしょうか。

デイベッドがもはやベッド。

先出でしで露天映ってしまいすが、窓際のデイベッド(ソファ)がほぼベッドで。

奥の露天風呂、結構広いのですがほぼ同サイズです。

一人暮らしの大学生のベッドってだいたいこんなのですよね。^^

センターコンソール

ベッド周りのスイッチなどもスッキリでわかりやすいです。

テレビ・クローゼットなど

テレビを中央に、オープンタイプのクローゼットとデスクなどが機能的に配置。

そもそも40平米と広いお部屋ですがこのようにすっきり見せる工夫に寄ってより広く感じることができました。

浴衣など

温泉大浴場があるので、パジャマのほか、浴衣や手提げが用意されています。

ミニバー

ミニバーは空っぽタイプ。

パワーは普通です。

お茶とお水

無料のお茶とお水は元ラフォーレのデフォルトです。

南紀白浜紀州梅茶があったように、静岡茶だったかな。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

露天風呂

メインの露天風呂はこんな感じ。

浴槽のみで洗い場はありません。

結構立派で広いお風呂です!!

夜でも明るい

お風呂は夜でも明るく、美しいです。

NOT富士山ビュー

眺望です。

今回は、富士山ビューとは反対側のお部屋でしたので、富士山は全く見えませんでしたが、

東向き、ということで伊豆半島の朝焼けがキレイでした。

他お部屋もよく見える

同じ向きの他お部屋もよく見えます。

露天風呂付きということで外からの目が気になるところですが・・・

簾のおかげでプライバシーは大丈夫。

スダレと窓際のライトアップによってうまいこと客室が見えないように配慮されており、

客室滞在中のプライバシーは問題ないです。

(中から外の眺望は見える)

温泉大浴場

大浴場(公式HPより)

同ホテルは温泉地にありますので、もちろん大浴場もあります!

総括

伊豆マリオットの温泉露天風呂付き客室を記録していきました。

シンプルかつ機能的で快適な客室でした。

引き続き朝食や施設の様子を記録していきます。

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

 

 

(4回目)オミクロン株対応ワクチン接種を受けてみた@追加接種

一気に下火になって久しいコロナワクチン。

ほぼ1年ぶりにコロナワクチン接種を受けたので、忘備録として記録していきます。

(※当該ワクチン接種は「努力義務」です。接種を勧める意図はありません。)

(※完全に個人的な忘備録です。個人の経験ですので実際は異なる場合があります)

目次

 

我が国の接種状況(2022/12/01現在)

コロナワクチン接種状況(Yahoo!JAPANより)

我が国のワクチン接種は回を重ねるごとに減少しており、

全体では、3回目が67%、4回目が30%台です。

(65歳以上の高齢者は全回数目で95%を超えており、逆に16歳未満は20%程度)

(オミクロン対応型の接種者は全体の約20%に留まる)

www.kantei.go.jp

11月より開始された全国割の影響で10月下旬より気持ち接種が加速し、なんやかんやで3回目も約7割の国民が接種しています。まじめですね。

そういう自分は5月にコロナ罹患、11月にインフルワクチンを接種し、まぁそろそろコロナワクチンも打っておくか、次の全国割にも有利に使えたらいいな、てへ。的な軽いテンションで受けました。

現在接種可能なワクチン

変異株に対応して種類が増加

新型コロナワクチンについて

現在接種可能なワクチンは3社6種類。

ただし、実際はファーザーかモデルナの変位株対応がほとんどです。

今回受けたのはファイザー社:起源株+オミクロンBA4,5株対応のものでした。

選んだわけではなく接種会場がそれ一択だったためです。

一応22年10月より適応開始の最新版です。

オミクロンって結局なによ。

コロナウイルス系統樹福井県HPより)

オミクロン株は既存のどの株よりも比較的遠縁、

つまりどの株ともそれなりに性格が異なることが考えられます。

特に今流行のBA4,5は第6波で主流だったBA2から派生したもので、従来株からだいぶ遠いところに位置しています。

従来株(起源株)からこれだけ遠いとさすがにいままでのワクチンも効かないだろう、ということで登場したのが、今回打った起源株+オミクロンの2価ワクチンです。

接種後の状況(4回目接種:22年12月上旬)

被接種者: 30代男性 注射はかなり嫌いなタイプ。

接種したワクチン: ファイザー社 コミナティRTU筋注(2価:起源株/オミクロンBA4,5株対応)

接種時の痛み: 優しいチクリだけで薬液の注入感もなく、注射嫌いでも余裕でした。

接種当日: 特に症状なし。3回目まであった接種後数時間は胸骨あたりの違和感はありませんでした。

接種翌日: 軽い接種部位疼痛と四肢のかる~い関節痛のみ、発熱はなし。

普通に日常生活は送れましたが、どこかしんどかったのかな、夜にはぐったりでいつもより早めに寝ました。(というか寝てた)

かる~い頭痛もありましたが、持病と判別つかず今回はなかったことに。

接種2日後: マシにはなったけど接種部位疼痛がすこし残存。あとは軽快。

接種4日後:すべて軽快しました。

※1,2回目は接種部位疼痛以外の副反応なく、3回目はがっつり副反応ありました。

4回目接種の効果は微妙?

毎度お馴染みイスラエル疫学調査がちょうど12月上旬にNEJMに掲載されていました。

ざっくり結果・考察をいうと、

  • ワクチン有効性や中和抗体レベルは3回目までと同じ程度
  • 3回目までと比較して抗体価の持続期間が減少した(20週→13週)
  • これからは流行期に合わせて接種するのがいいんじゃないか

こんなことが書いてありました。

ご参考までに。

Six-Month Follow-up after a Fourth BNT162b2 Vaccine Dose, Canetti et al. 2022

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2211283?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&rfr_dat=cr_pub++0pubmed

最近コロナに罹患した人はオミクロンワクチンは打たないほうがいい?

最近コロナに罹患した人、特に22年夏季の第7波に罹患した方はオミクロン株のBA2もしくはBA4,5に感染した可能性が高いと言われています。

この場合、すでにオミクロンBA4,5株に対する抗体を持っていると判断され、起源株のみの1価ワクチンかBA1との2価ワクチンの接種を検討するよう通知がくることがあるようです。

理由はBA4,5以外の株の抗体をワクチンで接種して、幅広くカバーしようというものです。

すごく個人的な意見を言うと、どっちでもいいです。

①種々のコロナ株を幅広くカバーしたい方 →1価(起源株)or2価(+BA1)

②BA4,5が流行っているからそこを強化したい→2価(+BA4,5)

どちらか考えが近いほうで選べばいいと思います。

どちらも確たるエビデンスはないので気持ちの問題かと。

総括

4回目コロナウイルスワクチン接種を受けましたので忘備録を記録していきました。(結構雑ですみません。)

最新版のBA4,5株対応ワクチンということでなにかあるかなと思ったらなにもありませんでした。

12月接種なのでこの冬は越せると思いますが、次接種するのはいつになるのやら。

もしかしたら公費接種できるのはこれが最後かもしれません。

 

追伸:本年もご愛読ありがとうございました。来年も何卒宜しくお願い致します。

 

過去の記事

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com

starwave-disneyandtravellife.hatenablog.com